【9月まとめ】ライブ配信メディア(ニコ生・LINE LIVE・ツイキャスほか)完全解剖【連載記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

img_9163

毎週木曜日に公開されている「ASCII倶楽部」の連載記事「ライブ配信メディア完全解剖〜過去と今、そして未来へ〜」の9月公開分のまとめです。月末に書こうと思っていたもののタイミングを逃してしまいました…

ライブメディアに魅力を感じ、2010年から専門に携わっているライブメディアクリエイターとして活躍中のノダタケオ氏。 経験をもとに、過去と今、そして自分自身の期待も込めた未来予想をしていきます。

第4回「ライブ配信で「その場に行ってみたい」と思わせるワザ」

01

イベントやセミナーでライブ配信メディアを活用するということは「距離の壁」「タイミングの壁」を超え、いつか「その場に行きたい」という集客の効果を生み出すことができます。イベントやセミナーでライブ配信メディアを活用したときの意義・効果、注意をしなければならないことをまとめました。

▼イベントやセミナーでライブ配信メディアを活用する意義・効果、その理由
▼集客効果を生み出すために気をつけるべきこと
▼ライブ配信メディアは「その場に行ってみたい」という欲求を刺激する

前回から引き続き、ビジネスや地域活性で「ライブ配信メディアを活用していくことの意義」とは。前回とあわせてお読みください。

第5回「スマホから配信可能なライブ配信メディアの特徴とトレンド」

01

スマートフォンから配信が可能な主要なライブ配信メディアのうち「ニコニコ生放送」「ツイキャス」「SHOWROOM」「takusuta」「Periscope」「Facebook Live」「LINE LIVE」を中心に、その特徴と、そこから見えるライブ配信メディアの「トレンド」を振り返っています。

そして、配信を盛り上げるにぎわいが、ニコ生の「コメント」→ ツイキャスの「アイテム」→ SHOWROOMの「アバター」→ Periscope・takusutaの「フィルター」→ LINE LIVEの 「スタンプ」へ移り変わったね、ってお話を書きました。

▼ライブ配信メディアの特徴
▼ライブ配信メディアのトレンドの流れ
▼スマホ一台で手軽に配信、気軽に視聴する文化がより当たり前の時代へ

スマホから配信可能なライブ配信メディアの特徴とトレンド

第6回「LINE LIVEはニコ生より本当に人気なのか」

01

人気のテレビ番組「ダウンタウンDX(読売テレビ・日本テレビ系)」の放送1000回突破を記念した記者会見の模様が9月8日にニコニコ生放送(公式)、LINE LIVE(公式ライブ)、YouTube Live、Facebook Liveで生配信されました。

その翌日、「LINE LIVEでの視聴者数が、ニコニコ生放送(以下、ニコ生)よりも来場者数が大きく上回り、生配信が行われた配信プラットフォーム毎の明暗が分かれた」ということがネット上で話題となりました。

この「話題」をきっかけに、このオシゴトして6年ずーっとモヤモヤと感じていたことを、(長文ですが)やっと文章にしてアウトプットへ至りました。

▼ニコ生とLINE LIVEにおける生配信視聴の特性
▼視聴数で「人気か、そうでないか」を測るときに注意したいこと
▼視聴数はどのぐらいだったか?は現場でもやっぱり聞かれる
▼比較すべきは「同時視聴者数の推移」
▼人気だったかどうかを測るバロメーターのひとつに「コメント数」
▼LINE LIVEはニコ生より勝(まさ)っているのか?

LINE LIVEがニコ生よりも来場差数が上回ったと話題になりました。なぜLINE LIVEがニコ生に勝ったのでしょうか。

第7回「iPhone 7発売当日、配信メディアは「ダダ漏れ」だった

01

iPhone7/7Plusの発売される直前。自分をライブメディアへ引き込んだ張本人(正確には影響を受けたご本人)にお会いして、改めて「ダダ漏れ」という言葉を思い返し、ライブ配信メディアは「過程の可視化」が得意ってお話を書きました。

▼ライブ配信メディアは「テレビの代わりではない」
▼なぜ「ワクワク」するコンテンツが少なくなってきたのか
▼ライブ配信メディアは「過程の可視化」が得意
▼テレビで伝えられた出来事のウラ
▼ライブ配信メディアはテレビの代わりにはなれないし、ならない

「ダダ漏れ」と呼ばれる言葉が一時期ライブ配信メディアの世界でちょっとした流行語となりました。それは、2010年頃の黎明期の時代です。

第8回「動画と生放送どちらが稼げる?ひろゆき司会「雑談」生主特番」

01

ニコニコ生放送の公式番組が「『雑談』配信者公式特番」を取材し、その中で話題となったライブ配信メディアに関するテーマについてピックアップ。「視聴してもらう」だけでなく「ファンとなり」「課金をしてもらう」までのステップへ辿りつかないと収益が発生しない「生配信」のハードルはとても大きい、ってお話を書きました。

▼「やる気だけある配信者は、どうすれば食える?」
▼動画か生放送どちらが稼げる?
▼ぶっちゃけ「雑談」配信は来ないでしょう?
▼ゲーム実況者の次は、俺たち「雑談配信者」が”来る”ーー!

動画や生放送でブームが巻き起こっている「ゲーム実況」。次に来るのは「雑談」か?

番外編「お腹いっぱい幸せになれる「ご当地どんぶり選手権」レポート」

10

世界最大級の総合観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン」が東京ビッグサイトにて開催されて、一般日より一足先に潜入。ふるさと祭り東京2017への出場権を懸けて絶品ご当地どんぶりが激突する「全国ご当地どんぶり選手権 in ツーリズム EXPO ジャパン2016」のレポートを書きました。

今日9月24日(土)から25日の二日間は「旅行が大好きな人達が一同に集まる」一般日。その一般日より一足先に、「ツーリズムEXPOジャパン」潜入してきました。

お願い!

これらの記事を読んで頂いた方いらっしゃいましたら、ぜひ、感想も一言添えて、それぞれのページについているソーシャルメディアのシェアボタンで共有をして頂けたら嬉しいです…(わたくし個人的にはソーシャルメディアで共有された数とかはてブされた数を指標としてます)

ホントはわたくしの記事きっかけに「入会したよ!」って人がひとりでも増えると嬉しいですが…

スポンサーリンク
広告(336×280)
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Pls Follow!

スポンサーリンク
広告(336×280)