「書き込みが低速です」!? AVerMedia ゲームレコーダー AVT-C285

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

IMG_8421

オシゴトで予算が限られたコンパクトなライブ配信をするときのために、手軽に録画できる手段を作っておきたい!と「AVerMedia ゲームレコーダーHD II AVT-C285」を購入してみたんですね。

「書き込みが低速です」

最初、手元にあったUSB2.0なポータブルHDDを接続してみたものの

書き込みが低速です
ディスクの保存場所を設定できません。

のメッセージ。

USB3.0のHDDも買ってみるものの

うーん、USB2.0のHDDじゃダメかなぁ…と思い、仕方なく、USB3.0なポータブルHDDを別途新規購入。

今度こそ!

と思いつつ、HDDをつなぎ、気分を切り替えてAVT-C285の電源を投入してみたものの、やはり同じようなメッセージが表示されてダメ。

うーん、ACアダプタで電源を供給するような据え置き型のHDDじゃないとダメなのか?と思いつつ、AVerMedia AVT-C285のQ&Aを見てみると、なんと、このHDDは「検証したAVT-C285に対応できるHDD」に入っています… HDD自体ももともとNTFSフォーマットされているし、付属のUSB3.0ケーブルも使っているのに。

ううう、なにがダメなんだろう。先行きが心配です。

スポンサーリンク
広告(336×280)
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Pls Follow!

スポンサーリンク
広告(336×280)