EI Capitan非対応…確定申告書等作成コーナー(平成27年度)MacOSユーザはツライ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

kakuteishinkoku2016_v2

また確定申告の季節がやってきます。2016年(平成28年)の確定申告期間は2016年2月16日(火)〜2016年3月15日(火)で、2015年(平成27年)の会計結果を税務署へ報告(確定申告)するわけですが、近年、e-Taxで確定申告をする人も多いでしょう。

ちなみに、還付を受ける(還付申告)場合は確定申告期間を待たずに1月から書面提出でもe-Taxでも申告できます。

自分は去年初めて住民基本台帳カードを作り、チャレンジしたe-Taxなのですが… 住民基本台帳カード自体も個人番号カード(マイナンバー)が始まったため運用が終了の方向だし。

2016年(平成28年)確定申告EI Capitan推奨(対応)してない

年に一回のイベントなので、やり方をすっかり忘れてしまうので改めて調べていたところ、やはり2016年(平成28年)の確定申告書等作成コーナーはYosemite(Mac OS 10.10)は推奨環境に入っていますが、EI Capitan(Mac OS 10.11)は推奨環境に入っていません

そういえば、去年2015年(平成27年)の確定申告書等作成コーナーはYosemite(Mac OS 10.10)が推奨環境となっておらず、結局、Mavericks(Mac OS 10.9)でe-Taxをやって、その後、Yosemiteへアップデートをしたのを思い出しました。

つい先日、自分はYosemiteからEI Capitanへアップデートをしたのですが、(まだインストールしたばっかりだったので)結局YosemiteへMac OSを戻すはめに。

Mac OSは頻繁にアップデートをかけていく人も多く、OSアップデートに即座についていけない確定申告書等作成コーナーはMac OSユーザーに優しくないし結構ツライ感じを受けます。このためにWindowsマシンを用意するのもアレですし。

e-Taxで使うICカードリーダーの対応機種も少ない

住民基本台帳カードだけでなく、今年から個人番号カード(マイナンバー)を使ってe-Taxをしようと考える人も多いと思いますが、ICカードリーダー自体もMac OSに対応したものが非常に少ない

住民基本台帳カードでも個人番号カード(マイナンバー)使えて、Windows 10でもYosemite(Mac OS 10.10)でも対応ができて、比較的どこでも買えそうなICカードリーダーは

  • ACR39-NTTCom(接触型)
  • SCR331DI-NTTCom(非接触/接触共用型)
  • CLOUD2700-NTTCom(接触型)

あたりになりそうです。ちなみに、SCR331CL-NTTCom(非接触型)はYosemite(Mac OS 10.10)に対応していません(Mavericks(Mac OS 10.9)は対応)。

力ずくでEI Capitanでできるかもしれないけど…

2015年の確定申告シーズンにまだ推奨環境でなかったYosemiteでe-Taxにチャレンジしたレポートも挙がっていますが、あーでもないこーでもない、と悩むぐらいだったら、2016年はおとなしくYosemiteで乗り切ってその後にEI Capitanへアップデートするのが吉なのかもしれません…

このためだけにWindowsマシンを用意したり、普段使っているMacにWindows OSの領域作るのもなんだか不毛だしなぁ。スティック型パソコン(PC)を使う手もあるのかもしれませんが。悩みどころ。

http://nodatakeo.org/archives/1577
http://nodatakeo.org/archives/61

スポンサーリンク
広告(336×280)
広告(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Pls Follow!

スポンサーリンク
広告(336×280)